Foreigner という英語表現は好ましくない

Foreigner という英語表現は好ましくない

外国人に当たる英語の訳として、日本ではforeignerという言葉がよく使われます。それはその言葉を発する人の意図により気軽に使える言葉として、時には「外人」という軽蔑的な意味合いを持つ言葉として使われます。

日本の公共放送であるNHKでは「外人」という表現は使われません。何故でしょうか。それは「外人」という言葉は無作法な表現であり、少なくとも冷たい印象を与えるからです。

もし皆さんが日本に住んでいれば、「外人」という言葉はいたる所で耳にするでしょう。日本人以外の人と話している時は別ですが、日本人からは「外国人」または「外人さん」という言葉で表現されるのです。例えば日本人ではない見ず知らずの人(移民など)のこと日本人同士が話す時、日本人ではないという意味で「外人」という言葉が使われているのを聞くでしょう。彼らはその言葉が私達に聞かれているということを気にしません。おそらく会話の内容が日本人以外の人に理解されているとは思っていないのでしょう。もしくは「外人」という言葉を私達の耳に届く距離で使っても構わないと思っているのでしょう。

英語でforeignerという言葉を使うのはできるだけ避けた方が良いと私は感じています。その言葉は冷たい印象なのであまり使いません。「外部の人」「一員ではない」という意味を持つからです。

私の住んでいたカナダではforeignerという言葉を聞くことはほとんどありません。

実際の場面では「青い上着を着た女性がいた」「スーツを着た男性がいた」などの表現が好ましいでしょう。

私達はふつう「列に並んでいる男性がいた。彼は…」のように言い、人を区別するような言い方はしません。しかし日本人は日本語で「列に外人が並んでいた…」と言うことがあります。

もし日本人以外の人を区別する必要がある時には、tourist(旅行者)、immigrant (移民)、guest worker (出稼ぎ労働者)、expatriate(移住者)、non-national(外国籍の人)、not Japanese (日本人ではない人)、associate (仲間)、colleague (同僚)、co-worker(協力者)などの言葉を使いましょう。

私達がよく間違えをするように、人を区別するのは危険です。

これらの言葉の中には、状況に応じて使えるものもあります。

Westerner(西洋人)、Caucasian、white man  (白人)、Arab persons(アラブ人)、African American(アフリカ系アメリカ人)、European(ヨーロッパ人)、Asian woman (アジア人女性)、mixed person (混血児)、North American (北米人)、Latino(ラテン系)、biracial(二人種から成る)、 bicultural (二分化共存の)。

しかし何人かは不快に思うでしょう。もしあなたが間違えて区別すると、とても気分を悪くするでしょう。すなわち、本人はペルシャ人なのにアラブ人と呼んでしまう時などのことです。私が言わんとしていることがお判りでしょうか。

もし相手の国籍が分かるなら、「ナイジェリア人」のように言うことができます。

私はすでに30年ほど日本に住んでいます。

例えば、現時点で27年間日本に住んでいるので、foreignerと言われるのは気持ちの良いものではありません。私は日本に移住しましたし、私の妻と子供は日本人です。完璧ではないですが日本語も流暢に話せます。多くの日本人よりも長く日本に住んでいます。ですから、私をforeignerと呼ぶことはふさわしくありません。

日本にはたくさんの移民がいます。しかし日本には移民に対応する言葉がありません。そのため、日本人はforeignerという言葉を使っても構わないのだと誤認しています。しかし、私としては、少なくともそうではないと思っています。

この話題について書き記すのはとても難しいです。その理由の一つに、ルールが流動的であったり常に変化したりするからです。もしそれを避けたいなら、その人の色や国籍て区別をしないことだと思います。私達は結局のところ同じ人間なのですから。しかし、もし区別して言わなければならないと感じたら、気をつけてください。ある人では上手くいっても、別の人では上手くいかないかもしれませんので。

Want to stay in a Canadian House near Hakone?

Kevin’s English Schools, the Canadian Schools in Japan,eh!

Advertisements

Foreigner is not a good word in English

school-girlPictured: A Japanese school girl

The word foreigner is often used in Japan, as the direct translation from the words gaikokujin or more casually or perhaps rudely (depending on your opinion) gaijin.

You cannot say the word “gaijin” on NHK, Japan`s national broadcaster.  Why not? It is because the word gaijin is regarded as being rude, or at least cold.

Yet if you live in Japan, you will hear the word gaijin everywhere.  Unless the Japanese is talking with a non-Japanese, then they will switch to gaikokujin or gaijinsan.  But if Japanese are talking with friends on the train for example, and they dont know you (an immigrant) at all, you will hear gaijin on the train, as they talk about non-Japanese.  They don’t care that you hear. And perhaps think that you won`t understand anyway. Or they simply feel it is OK to talk about non-Japanese as gaijin while a “gaijin,” is within hearing range.

In English, I feel you should avoid the word foreigner if you can.  We don`t use the word much, as it has a cold feeling to it.  It means, outside person, or not one of us.

In Canada, where I am from, you very rarely hear the word foreigner.

In fact it is best to not label people at all if you can.  There was a woman in a blue jacket. There was a man in a suit etc.

We usually just say things like: “There was a man waiting in line, and he ……”  We don`t label him in a story like this.  But a Japanese might say in Japanese in Japanese the equivalent of: “there was a gaijin waiting in line and he……”

If you have to label a non-Japanese person you can use words like these:

tourist, immigrant, guest worker, expatriate, non-national, not Japanese, non-Japanese, associate, colleague,  co-worker,  

It is Dangerous to label people as we are often wrong: 

Some of these words may be OK, depending upon the context.

Westerner, caucasian, white man, Arab person, African American, European, Asian woman, mixed person, North American, Latino, biracial, bicultural.  

beauty-1692849_640

But some people perhaps would take offense. They may well take offence if you mislabel them.  i.e.) call a person an Arab, when in fact they are Persian (non-Arab).  Do you see my point?

If you know the person`s nationality, you can say things like: he’s Nigerian.

I`ve Lived in Japan for almost 30 Years

For example, I have lived in Japan for 27 years at this point. So to be called a foreigner, is offensive to me.  I am an immigrant to Japan.  My wife and children are Japanese.  I speak Japanese. (not perfectly) – but I am pretty fluent.  I have lived in Japan longer than many Japanese.  So you really shouldn`t call me a foreigner.

There are thousands of immigrants to Japan.  Yet there is no word for immigrant in Japanese.  So Japanese mistakenly think that foreigner is OK to use.  In my opinion, at least, it is not.

This has been a very difficult topic to write about.  One reason is, the rules are fluid (or always changing).  I feel if you can avoid it, do not label people by colour, nationality etc. We are all humans after all.  But if you feel you must, be careful!  What may be fine with one person, may not be fine with another.

To Kevin’s English Schools (home)

I am Hakone

Merry Lue`s Guest House

Would you like to Rent this Canadian House?

7 Reasons why Japanese Cannot Speak English after 4-6 years of Study

英語を話せるようになるためには、「勉強」ではなくて、英語を「話す練習」が必要なんだ。多くの日本人は、たくさんの英文法や英単語を記憶する「勉強」はしているけど、英語はあまり話せないよね。話すどころか、英語を聞いて内容を理解することすらままならない。それはなぜか?英語を「話す練習」が不足しているからなんだ

Read More

 

Kevin Burns(ケビン・バーンズ)プロフィールカナダ、バンクーバー出身。ブリティッシュ・コロンビア大学卒業。現在、東海大学講師。1989年に来日し、英語学校で日本人に英会話を教え始める。その後、英会話スクールKevin’s English Schoolを設立。学生、主婦、社会人など幅広い層に向けて、工夫を凝らしたユニークな指導を行う。「学習者は楽しんでいる時、最大の学習効果を得る」ことを念頭に、常に楽しめる授業を行うことをポリシーとしている。

 

 

Spacious Cottage near Hakone

Minamiashigara shi, Kanagawa, Japan

Is located near the Kari River, across the street from a supermarket, and 3 minutes walk from Iiwahara Station (Daiyuzan Line). It is near a pleasant river walk with nearby rice fields and Iiwahara…

https://www.airbnb.com/embeddable/airbnb_jssdk

塚原校1Fのメリー・ルー(Merry Lue)ではジュニア雑貨、ステーショナリー、輸入食品などを販売しています。リサイクルの衣類や雑貨もあります。場所は塚原駅・岩原両駅より徒歩2、3分、富士スーパーのすぐ近くです。ホームページもぜひご覧下さい。(左側のお店 read moreをクリックするとご覧いただけます)
子供英会話南足柄、英会話南足柄 – Visit our Facebook Page *中学校のテキストを使用し、良い成績が取れるよう、テスト勉強のお手伝いをします.
“カギとなる重要英単語を学習し単語力を高めることは、英語の理解力を深め、パフォーマンスを高める一番の早道です.”

guitar