英会話小田原, フィンランド、日本、アメリカにおける教育の違い

英会話小田原, フィンランド、日本、アメリカにおける教育の違い

「フィンランド人は、国の大きさや構造を大して問題にしていません。テストを最小限にし、より広範なカリキュラム、より小さなクラス、そしてよりよいトレーニング、給料、そして教師の待遇への投資をする知恵を多く持っているのです。アメリカは、心に留めておく必要があるでしょう」 –Samuel E. Abrams

日本も教育制度を改良するために、この情報を使用すべきでしょう!

「子供たちは遊ばなくては勉強になりません。子供たちは遊ぶべきなのです」 フィンランドの学校長 Timo Heikkinen  

日本とアメリカとは対照的に、フィンランドはより多く遊ぶことを重要視しています。 評判によると、アルバート・アインシュタインやそのほかの有名な科学者は、リラックスしているときや遊んでいるときに、自分たちの世界を変える理論と発明を考え出したそうです。

フィンランドには、テストではなく、専門的なことを身に着けるためにバランスのとれたカリキュラムがあります。 フィンランドでは生徒に休憩時間を75分間与えますが、アメリカでは27分間です。比較してみても、もっと遊ぶ時間が必要です。 そうすることによって、さらに美術や技術、学問はスカンジナビアの国でよりインプリメントされます。

フィンランドでは、教師は優遇されています。高水準の功績を要求するためのトレーニングを終えた後、教師は高給、よい労働条件を満喫できるのです。長時間働き、休む時間もほとんどなく、功績をほとんどもらえない、さらには「モンスターペアレント」と呼ばれるいささかクレイジーな親と付き合わなくてはならない日本の教師とはかなり違います。

「楽しみや喜び、本当の満足感があったか、個人が毎日を振り返ることが出来ないのなら、その日は時間の無駄でしょう」

匿名 結果は自らを物語っています!フィンランドの学生は、PISAテストで読書力、数学、科学がトップ、もしくはトップに近い成績でした。PISAテストとは、異なる国々の教育の結果を比較する、世界的なテストです。 英会話小田原 International Student Assessment Scores

アメリカの得点がフィンランドの得点より遥かに遅れをとっている一方で、日本の得点は離れていませんでした。 しかし、日本の生徒が自宅、学校、塾のいずれかでどれだけの時間を過ごすのかをあなたが検討すれば、日本の生徒がフィンランドの生徒からの遅れを取り戻すために過ごす時間はすばらしいものになるでしょう。 明らかに、費やした時間と結果を観察する点において、日本の学校はフィンランドの学校ほどよい結果をもたらしていません。退屈なクラス、そして中学校から高校における丸暗記よりも、若者を教育するためによりよい方法を見つけている他の国を日本は見る必要があるのです。

「行っていることが楽しくなければ、人はめったに成功しない」 Dale Carnegie

フィンランドはクラスの規模を縮小し、教師の給料を上げました。そして、教師は修士号の所持が必須です。日本の中学校では、いまでも1クラス30人から40人編成です。これでは多すぎます。 フィンランドでは、科学は1クラスあたり16人しかいません。これで、学生が皆レッスンで実験を行うことが可能になったのです。日本で同じことが言えるでしょうか。アメリカではどうでしょうか。

さらに、フィンランドの生徒は美術、音楽、家庭科(料理)、技術、金属細工、織物の学習にもかなりの時間を費やしています。これらの授業で、生徒に数学や科学を自然に学べる機会を与えるのです。重要な共同技術、その状況は日本社会においてしばしば強調されています。フィンランド教育においても、重要な教義です。

日本やアメリカとは対照的に、フィンランドは標準化されたテストや一般的に標準化している動きを拒絶したのです。

「全人生における真実の目的は、遊ぶことです。地球は仕事の庭、天国は遊び場です」 G K Chesterton

「世界中の国々が1990年代に強く標準化されたテスト制度を導入した一方で、フィンランドの全国教育委員会はそのようなテストが教育の時間を浪費しすぎる、そして構成概念、学生監、成績にもコストがかかりすぎる、さらに過度のストレスを引き起こすという結論を下しました。試験を少なくし、しかし統計的に重大な生徒の標準化されたテストに対するフィンランドの答えは、少ないながらも統計的に意味のあるサンプルとして生徒に 試験を与え、教師を信頼させることでした。そして、全国教育委員会は1991年に視察団を終結しました。 フィンランドの教師は自身のコースを構築し、ガイドとして国有のカリキュラムを使い、青写真ではなくアメリカによく似たものとして、学習指導のために時間の80パーセントを費やします。その結果、授業のプランを立て、同僚と協力するための重大な機会を持てるようになったのです。 フィンランドの生徒すべてが標準化されたテストを受けるのは、大学へ進学したい高校3年生だけというのがポイントです。 –Samuel E. Abrams

クラスの規模を縮小する、教師が高水準のトレーニングを受けるのを要求すること、教師に超過勤務させないこと、賃金がよいこと、そして教師が自分の仕事を好きであれば、生徒も学校を好きになるでしょう。 機械的な暗記の方法はもう止めましょう!創造性と重要な判断技術を考慮に入れたカリキュラムを提示しましょう。 例は、フィンランドにあります。サンタクロースに聞いてみましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s