英文法のルールの要約

英文法のルールの要約

 by Neha Smyth

”サムコさん、おはようございます!”インタビュアーが挨拶をしました。 サムコはそこに座りましたが、とても神経質になっていました。どんな質問を されるのか考えていたのです。 サムコは正しい英語を知らなかったのです。手のひらには汗がびっしょりです。 ”自己紹介をしてください”とインタビューは言いました。
”わ・・私はサムコです。私はABC大学でべ・・勉強をしていて、今年で2年目です” サムコははじめての面接でこう言ったのです。
サムコは採用されませんでした。なぜなら彼は英文法のルールを知らなかったからです。 英文法のルールは英語をきちんと、正確に話すために必要なのです。 世界中の人たちとコミュニケーションをとるためには、基本英語は必須です。 まずはじめに、文の主語と述語を分かっていなくてはいけません。主語と述語の知識と使い方が 分からないとしたら、英文法も分からないので、誰かと会話をすることは不可能なのです。

super-gaijin
付け加えると、主語と述語の一致は、きちんとした会話をするために使えるようにしておくべきでしょう。 さらに、代名詞も英文法の主要部のひとつです。たとえば、heやshe、theyなどの使い方を知っておくと、 要旨や文章の全体の意味を変えることができます。
正しい単語を使えれば、文章が意味することにインパクトを与えられます。
whoとwhomは、使い方が異なります。 To whom were you referring?” で、 “To who were you referring?”ではありません。 whoeverとwhomeverの使い方も混乱するようです。多くの人がいまだにこのふたつの 似た発音の単語の違いを理解できていないのです。
もっと重大なのは、thatやwhichのようなシンプルな単語もたくさんの人が間違って 使っていることです。これらの二つの単語はとてもシンプルに見えるかもしれません。 同じ文章に入れれば、正しい文章の構成に付け加えることになるでしょう。 正しい使い方はよりよい英語を証明することになるのです

canadaeh
英文法のルールの要約でもっとも大切な要素は、単語の適切な型です。形容詞、服地、 主語、述語を文章の本当の意味になるように使うのです。間違った型だと、文長は ぎこちない構成になり、ミスが目立ってしまいます。
しかしながら、前置詞の使い方も重大な問題です。ほとんどの人がこの問題を抱えています。 英語が母国語でない人が正しい英語を使うには障害があるのです。 結局、印象的な文書が英文法に影響を与えているのです。 たとえば、there is やthere are、it isを頻繁に使わないことで、よい文章が作れるのです。
英文法のルールの要約は、世界で英語でコミュニケーションをとるためにかなり重要なのです。
よりよい生活のために、日常生活の範囲を超えた機会があるとしたら、誰が知っているでしょうか。 確かに、英文法のルールをよく知らないだけの理由で、 あなたの方法でチャンスを減らしたくはないでしょう。

kev

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s