よくある文法の間違い

よくある文法の間違い 文法上の過ちを犯すことは、ネイティブスピーカーでさえよくあることです。 語彙力は豊富なのですが、誤りのない、完璧な文章でも同じ失敗を繰り返してしまうのです。 何度も犯してしまう、よくある文法上の間違いに注目してみましょう。 文法とは、ときに文法として誤ってしまうものなのです。私たちが話しているときは、間違いを数えたりしません。 ですが、単語を書いているときは、基本的な間違いが許されないのです。 イーメールや携帯のテキストでも、たくさんの愚かな文法の間違いが浸透しています。 たとえば“you”の代わりに“u”と書いたり、“your”の代わりに”ur”と書く傾向があります。 これらのように言葉の衰えの例がたくさんあり、目を引いています。文法上の間違いとしてはっきりとしていないの ですが、これでは間違った文章を組み立てる原因となってしまいます。 よくある文法の間違いの例です。 過去形が同時に使われる場合。 たとえば“didn’t knew”。正しくは“didn’t know”と使われるべきです。 間違った省略形を使うことによる過ち。

tsukahara4

Tsukahara School

“Francis’ bike”が“Francis’s bike”と間違って書かれてしまう。 whose を who’s、its を it’sにするのも同じような間違いです。 “i.e.”と“e.g.”を使うときの間違い。 i.e. は“that is”を表していて、説明をするときに使われます。 e.g.は例として引用するときに使います。 “who”と“whom ”の使い方も間違いやすいようです。 whoは節の主語を伝える一方、whomは前置詞の目的語として使います。 “than”と“then”の使い方も間違いが多いです。 “Than”は比較したり、more, less,taller,などと一緒に使われます。 “Then”は時間を表すときに使います。たとえば、 “Let me complete my homework, only then I will visit the supermarket.” のように使います。 手紙や書類などを書いているときに、このような間違いがよくあります。 少しでも文章の組み立てを理解し、読む努力をすれば、このような間違いは避けられるでしょう。 また、affectとeffect, ensureとinsure, choseとchoose, looseとlose などもよく 間違えられる単語です。私たちの生活を通して、数ある犯してしまいがちな文法の間違いの うちから、よくある例を参考にしてみました。 あなたがネイティブスピーカーでなくても、間違いは誰にでも起こることを事実として 理解することは避けられないでしょう。

tsukahara3

Tsukahara School

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s